リデンは効果あるのか?キャピキシル系育毛剤と徹底比較!

【リデンとBOSTONスカルプエッセンス】

薄毛対策として様々な育毛剤を試してきましたが、その中でも取り分け効果を実感することができたのは、口コミでも評価が高い「リデン」と「BOSTONスカルプエッセンス」の2つです。

人に育毛剤をおすすめする時も、大抵この2つをおすすめします。

では、リデンとBOSTONスカルプエッセンスにはどのような違いがあるのでしょうか。成分や効果に着目して説明していきます。

 

リデンの効果の秘密はリデンシル

リデンに配合されている成分で注目すべきは、「リデンシル」です。

リデンシルは現在注目を集めている頭皮ケア用の新原料で、スイスのインデュケム社が開発をしました。セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛で作られており、世界最大級の化粧品に関する展示会「in-cosmetics」で銀賞を獲得した実績ある成分です。

リデンシルに含まれている「EGCG2」には頭皮の炎症の原因となるインターロイキン-8を抑える効果があり、「DHQG」にはバジル領域の幹細胞を刺激することで毛乳頭の細胞を活性化させ、毛母細胞の増殖を促す効果があります。

 

BOSTONスカルプエッセンスの効果の秘密はキャピキシル

口コミでの評価はもちろん、様々なメディアに掲載されて絶賛されているのが「BOSTONスカルプエッセンス」です。

BOSTONスカルプエッセンスにはキャピキシル、ピディオキシジル、フラーレン、オレアノール酸、活性因子などの独自のグロースシナジーを採用しており、配合している成分は厳選したものばかりです。

中でもキャピキシルは5パーセントと高配合です。

キャピキシルには毛髪環境を覚醒させる効果があり、さながらコラーゲンのように毛髪が活き活きします。

BOSTONスカルプエッセンス自体が頭皮のスキンケアと言う発想から生まれた製品であるため、キャピキシルの配合は欠かせません。

また、ピディオキシジルは元々まつげ美容液などに幅広く用いられていた成分であるものの、ヘアケアに用いられるようになったのは割りと最近になります。こちらの成分にも頭皮の環境を健やかな状態に維持する効果があるため、頭皮のスキンケアと言う概念を補強しています。

 

参考:リデンシル系&キャピキシル系良い所取りの育毛剤

最近話題なのがアングレという育毛剤。自分では発毛促進剤という言い方をしていますが、この特徴は最新成分をこれでもかと配合している所。

リデンシルだけでなく、キャピキシル、さらに、日本初の成分であるバイキャピルやアナゲイン、それにプロキャピルも配合しています。

これだけ入っていればどれか効くかも?と思わせてくれる育毛剤。

リデンを考えているなら、充分比較対象になりますな。

最新の育毛剤アングレ